TEL 025-257-9633

大形福祉会

介護サービスから保育事業まで、快適で生きがいのある生活をトータルサポートする、新潟の社会福祉法人「大形福祉会」

標準
拡大


大形福祉会とは

HOME > 大形福祉会とは

私たちは総合的な介護サービスと保育事業を通して、
家族の絆をむすび
地域社会の暮らしを支えていきます。

大形福祉会は昭和53年、無認可保育所として逢谷内保育園を開園し、福祉事業の第一歩を踏み出しました。
創業者が思っていた理念や方針は、創業当時から現在に至るまで歌われている園歌に込められています。
「泣き虫 弱虫 いじけ虫 お手てつないで輪になって みんな仲良し お友だち」とあるように、どんな子どもたちも健やかに成長できる保育環境を提供することを目指して保育事業に力を注いで参りました。
その後、平成12年には新たに介護事業をスタートし、すべての家族がご自宅で幸せに暮らし続けることのできる社会づくりに貢献することを目的に各種介護施設を開設しました。

未来を担う子どもたち、社会に貢献してきたご高齢者の方、そしてその方々を支えるご家族の方。私たち大形福祉会は、すべての方がご家族の絆を深め、いつまでも住み慣れたご自宅で豊かな暮らしを送っていただけるよう、保育事業と介護事業を有機的に連携させながら地域社会に貢献していきます。

理事長 滝澤 涼

私たちが目指すもの

私たちが目指すのは
自分の両親を、入所させたいと思う施設。
自分の子どもを、通わせたいと思う保育園。

自分の母親が認知症なら、どんな施設に連れていきたいと思うだろう。自分の子どもを通わせるなら、どんな保育園がいいと思うだろう。
「自分の母親なら」という発想が、私たちの考えの原点です。「自分の子どもなら」という視点が、すべての行動の判断基準です。

家族の絆をもっと深く、家族のような愛情をもっと地域社会へ。私たち大形福祉会は、笑顔で過ごす毎日をすべての方へお届けします。

地域に開かれた事業所を目指して

大形福祉会では保育園児とご高齢者の交流などを積極的に展開。地域社会に密着した施設運営を行っています。

そして、職員の笑顔が皆様の笑顔を引き出し、皆様の笑顔で職員が元気になる。私たちは、そんな笑顔の輪を広げていきます。

大形福祉会のシンボル

やどかに君

「やど」は提供する場としての介護施設、そして「かに」は多くの子どもを産み育てるので子育支援の場としての保育園。やどかに君は、「利用者様に安心して宿(長く過ごせる場)と多くの子どもが健やかにすごせる場を提供できる大形福祉会」のシンボルです。

大形福祉会 組織図

介護事業部 インターンシップ制度について

インターンシップ制度についてのご案内

介護事業部では「これから介護をしたい」「大形福祉会の介護事業所ってどんな所?」など、就職に少しでもお役に立てればと考えインターンシップ制度を作りました。
この制度は「学生で就活中」「再就職をしたい方」を問わず適用していきますので、

トップ画面−「情報開示」−「介護事業部情報」−「インターンシップ制度について(PDF)」

をクリック、閲覧の上、連絡を頂ければと思います

大形福祉会 介護事業部で働く職員紹介

1月の職員紹介
大形福祉会 グループホーム地利目木の職員紹介です。

介護主任 田村 宣広 さん

Aユニット介護主任の田村宣広です。
今まで営業、飲食、介護とは違った職種で働いてきました。
職種は別でも、サービス業という所は同じであり、相手を喜ばせる、入居者様に笑顔になって頂くところは、仕事する上で忘れはいけないと思います。
職場では、入居者様によって支援の内容、やり方が違ったりするので正直、大変だなと思うこともありますが、この仕事だからこそ、得られる喜びや学びもあると感じながら働いています。
これからもよろしくお願いします。

(紹介の写真は本人の希望によりコスチュームとなっています)

1月の職員紹介
大形福祉会 グループホーム地利目木の職員紹介です。

介護主任 渡辺 佳雄 さん

Bユニット介護主任の渡邊佳雄です。勤務は6年と4か月になりました。
家庭的な雰囲気で、毎日の家事や買い物等も職員と共に参加していただいています。いつまでも利用者様に家事が得意でいただくことで張り合いを持って当グループホームで長く生活して頂くことを願い活動しています。
利用者様の流れるような調理に家事裁き、的確な助言に含蓄に富むお言葉。
そこには「年季の違い」だけではない、師の風格さえ感じ、少しでも追い付こうと勉強の日々を送っています。
少人数のグループホームだからこそ、利用者様とじっくり向き合い接することができるので、やりがいを感じながら仕事に取り組めています。
介護の仕事を始めた頃の初心を忘れずに利用者様に教わりながら、過ごされてきた生活が維持できるためのお手伝いをこれからも行っていきたいと思います。

(紹介写真は本人の希望によりコスチュームとなっております)

12月の職員紹介
大形福祉会 特別養護老人ホームぢりめきの職員紹介です。

副主任 真野 美智子 さん

特別養護老人ホームぢりめき兼ショートステイぢりめき、介護副主任の真野美智子です。

 平成30年4月に開所となり、職員一同、秋まで利用者様一人ひとりのお気持ちに寄り添えるよう奮闘してまいりましたが、少しずつご利用者様との気持ちを寄り添えるゆとりを持て、個々の利用者様の支援が出来始めて来ております。
今年度のユニット・フロアー計画は遅れていますが、現在取り組んでいる事は、ご利用者様1人1人に聞き取りを行い、趣味や嗜好に合わせたレクリエーションや外出を行う事です。
レクリエーションや外出を行うことで、他者様や職員と交流し、楽しく過ごして頂きたいと考えております。

 ご利用者様、職員一同、毎日笑顔と健康で寒い冬を乗り切りながら新たな年、長く過ごせる施設であるよう頑張って参ります。
これからもぢりめきを宜しくお願い致します。

12月の職員紹介
大形福祉会 特別養護老人ホームぢりめきの職員紹介です。

副主任 佐々木 一也 さん

特養老人ホームぢりめき、副主任の佐々木一也です。

大形福祉会ショートステイぢりめきに入社して 4年になりました。
以前はショートステイ勤務していましたが、現在、平成30年4月に開所した特養ぢりめきに勤務しております。
私自身、今まで特養勤務の経験がなく開所して8カ月が経とうとしていますが、正直まだ手探り状態の毎日と言うのが本音です。
そんな手探り状態の中でもご利用者様のお世話や支援をさせて頂いておりますが、「基本は楽しくをモットー」を基本にして、どんなことでも楽しく、そして何より笑顔も忘れずにご利用者様に接して行きたいと思っております。
日々、利用者様、職員の色々な事がありますが、ご利用者様を1番に考えそして一緒に働いている職員と共に試行錯誤を繰り返しながらご利用者様にとって居心地のいい施設、職員にとって働きがいのある施設を目指して行きたいです。