TEL 025-257-9633

大形福祉会

介護サービスから保育事業まで、快適で生きがいのある生活をトータルサポートする、新潟の社会福祉法人「大形福祉会」

標準
拡大


大形福祉会とは

HOME > 大形福祉会とは

私たちは総合的な介護サービスと保育事業を通して、
家族の絆をむすび
地域社会の暮らしを支えていきます。

大形福祉会は昭和53年、無認可保育所として逢谷内保育園を開園し、福祉事業の第一歩を踏み出しました。
創業者が思っていた理念や方針は、創業当時から現在に至るまで歌われている園歌に込められています。
「泣き虫 弱虫 いじけ虫 お手てつないで輪になって みんな仲良し お友だち」とあるように、どんな子どもたちも健やかに成長できる保育環境を提供することを目指して保育事業に力を注いで参りました。
その後、平成12年には新たに介護事業をスタートし、すべての家族がご自宅で幸せに暮らし続けることのできる社会づくりに貢献することを目的に各種介護施設を開設しました。

未来を担う子どもたち、社会に貢献してきたご高齢者の方、そしてその方々を支えるご家族の方。私たち大形福祉会は、すべての方がご家族の絆を深め、いつまでも住み慣れたご自宅で豊かな暮らしを送っていただけるよう、保育事業と介護事業を有機的に連携させながら地域社会に貢献していきます。

理事長 滝澤 涼

私たちが目指すもの

私たちが目指すのは
自分の両親を、入所させたいと思う施設。
自分の子どもを、通わせたいと思う保育園。

自分の母親が認知症なら、どんな施設に連れていきたいと思うだろう。自分の子どもを通わせるなら、どんな保育園がいいと思うだろう。
「自分の母親なら」という発想が、私たちの考えの原点です。「自分の子どもなら」という視点が、すべての行動の判断基準です。

家族の絆をもっと深く、家族のような愛情をもっと地域社会へ。私たち大形福祉会は、笑顔で過ごす毎日をすべての方へお届けします。

地域に開かれた事業所を目指して

大形福祉会では保育園児とご高齢者の交流などを積極的に展開。地域社会に密着した施設運営を行っています。

そして、職員の笑顔が皆様の笑顔を引き出し、皆様の笑顔で職員が元気になる。私たちは、そんな笑顔の輪を広げていきます。

大形福祉会のシンボル

やどかに君

「やど」は提供する場としての介護施設、そして「かに」は多くの子どもを産み育てるので子育支援の場としての保育園。やどかに君は、「利用者様に安心して宿(長く過ごせる場)と多くの子どもが健やかにすごせる場を提供できる大形福祉会」のシンボルです。

大形福祉会 組織図

介護事業部 インターンシップ制度について

インターンシップ制度についてのご案内

介護事業部では「これから介護をしたい」「大形福祉会の介護事業所ってどんな所?」など、就職に少しでもお役に立てればと考えインターンシップ制度を作りました。
この制度は「学生で就活中」「再就職をしたい方」を問わず適用していきますので、

トップ画面−「情報開示」−「介護事業部情報」−「インターンシップ制度について(PDF)」

をクリック、閲覧の上、連絡を頂ければと思います

大形福祉会 介護事業部で働く職員紹介

11月の職員紹介
大形福祉会 車場デイサービスセンターの職員紹介です。

介護主任 坂井ひろ子 さん

車場デイサービス一般型の介護主任の坂井ひろ子です。
介護職未経験で入社して今年でもう16年目になりました。
私は車場デイサービスで「地域交流」を担当しています。
今年度は車場地域の元気な高齢者の方々を対象とした「健康セミナー」を9月・10月・11月の3回開催しています。地域の高齢者の方々が要介護状態になることなく、ご自宅での生活が続けられるような運動メニューを提供していきたいと思っています。
その他、同一法人で運営している北上保育園の展示会や荻川地区文化祭に、ご利用者様の作品を出展する活動を行っています。車場デイサービスでのご利用者様の活動を皆様に知って頂ける機会になればと思っています。これからも、ご利用者様とご一緒に相談しながら活動していければと思っています。

11月の職員紹介
大形福祉会 車場デイサービスセンターの職員紹介です。

介護主任 石橋敏美 さん

車場デイサービス一般型の介護主任の石橋敏美です。勤務して14年が経ちました。
私は現在、一般型の方々の「クラブ活動」や「レクプロジェクト」を担当しています。
「クラブ活動」は、音楽・生け花・園芸・書道の4つがあり、ご利用者様はお好きなクラブに所属されています。展示会などに作品を出展したり、地域の方にお借りしている畑で野菜を作ったり、カラオケボックスに出掛けたりと、ご利用者様には様々な活動に取り組んで頂いています。
「レクプロジェクト」では、男性ご利用者様のご参加を募って「特別委員」になって頂き、皆様に楽しんで頂けるようなレクリエーションを考え準備し、実行して頂いています。私たち職員はアシストする側となり、特別委員である男性ご利用者様が主体となって活躍して頂ける為に皆様と協力して日々頑張っています。この活動を行っている中で、以前とは違ったご利用者様のイキイキとした笑顔やご様子を見て、色々な事を感じさせてもらったり、パワーをもらったりしています。
車場に行くと楽しいよ、元気になれるよ、とご利用者様が思って通って来てくださるようなデイサービスにしていきたいと思っています。

11月の職員紹介
大形福祉会 車場デイサービスセンターの職員紹介です。

介護主任 横山 淳 さん

車場デイサービスセンター認知症対応型通所介護 介護主任の横山淳です。
私は車場デイサービスセンターに入社してから6年半が経ちました。いつもご利用者様と楽しく過ごさせて頂いております。
車場デイサービスの認知症対応型通所介護では、ご利用者様がそれぞれの役割を持っていきいきと過ごして頂くことで、デイサービスへ来ることが楽しみになってもらえるようなサービスを目指しています。職員とご利用者様が一丸となって『自主運営』に取り組んでいます。『自主運営』とは、運営の中でご利用者様ができることをご自分でして頂く=ご利用者様に運営して頂くというもので、掃除や洗濯・調理などご利用者様それぞれに合った作業を担当して頂いております。
私は、ご利用者様にデイサービスでの生活を通じて楽しく過ごして頂き、ご自宅へ帰っても穏やかに過ごして頂けるよう、ご利用者様の笑顔を大切にしながら毎日を過ごしています。

10月の職員紹介
大形福祉会 ショートステイ清川の職員紹介です。

介護主任 山口 雄博 さん

ショートステイ清川 介護主任の山口雄貴です。
介護職未経験で入社して今年で入社7年目になります。

私は、現在ショートステイ清川で取り組んでいる『園芸レク』の担当をしています。規模は小さいですが、施設内に『清川ファーム』の場所を作り、ご利用者の皆様からご指導やご提案をしていただきながら、様々な野菜の栽培や収穫をしています。
ご利用者の皆様には、野菜の水やりや収穫、収穫した野菜の調理にも参加していただいております。慣れない園芸の作業に苦労していますが、ご利用者様が野菜が育つことを楽しみにしてくださっていますので、職員と協力してご利用者様に楽しんでいただける活動を提供していきたいと思います。